初代ロスチャイルド青春ヒストリー


ロスチャイルド家について描いた回が評判がいいので、ロスチィルド家の基礎を作った初代マイアー・アムシェル・ロスチャイルドにフォーカスを当ててロスチャイルド目線で描いてみたいと思います。

ロスチャイルドって一体何者 ← 前回の記事

それでは、ごゆっくりどうぞ。

ユダヤ人として生まれて・・

諸王の王、諸銀行の王と呼ばれたロスチャイルド家の突出した繁栄が、一族の強靭なる意思と忍耐強さによるものであることは疑いの余地はない。

だが、それは、虐げられたユダヤ人の底知れない屈辱、そこから這い上がろうとする強烈な願望と裏腹のものであったことも確かである。

その背景には長い歴史の中で醸成されたユダヤ人の怨念があり、その事を知らずしてはロスチャイルド一族の事を理解することは難しいであろう。

ユダヤ人を代表する立場にあったロスチャイルド家の歴史は、近現代のヨーロッパにおけるユダヤ人に対する迫害の歴史と密接にからみあっている。

一族は執拗な迫害に屈したことはなく、ユダヤ人である事を誇りに思いこそすれ、放棄しようとしたことなど一度たりともない。

反ユダヤの勢力とは持てる力で真正面から戦ってきた。

今日のユダヤ人の地位、さらにはユダヤ人の国イスラエルにしても、ロスチャイルド一族の貢献がなかったら存在すらしてなかったであろう。

ユダヤ人としての宿命と、それゆえの行動を初代マイヤー・アムシェル(1743〜1812)の場合から見てみると、彼が誕生した18世紀ごろ、フランクフルトに限らずヨーロッパのユダヤ人は姓もなく、はっきり言ってまともな人間扱いされていなかった。

流浪の民ユダヤ人は市民としての基本的な権利も認められず、社会の下等人種の地位に貶められていた。

いわゆる卑しいという意味での賎民である。

まず土地所有が許されなかった。

そして居住地域を制限され、ゲットーと呼ばれるユダヤ人のための特別な場所に住むことを強要された。

行動の自由もなくフランクフルトを流れるマイン川を渡るにもユダヤ人ということで渡河料を取られ、一般の市街地に出れば嘲りの言葉が飛んできた。

市民でないからには職業組合である各種のギルドにも入れず、洋服の仕立てとか靴職人といった商売を営むこともできない。

いわゆる正業というやつはそれぞれの国の真っ当な市民のものであって、ユダヤ人がその領域をおかすことは許されなかった。

そこでユダヤ人は経済のスキマに行商人といった商売をみつけてかろうじて生きていたが、商いをするにしても例えば絹織物を扱ってはいけないといった様々な制約が加えられていた。

数少ないユダヤ人の職業の中でよく知られるのは金貸しだが、これも当時のキリスト教会が、倫理にもとる卑しい職業として信者に禁じていたためである。

タルムードと銀行

ロスチャイルド一族の先祖は代々、古物商などを営んでフランクフルトのユダヤ人街に住んでおり、玄関先に赤い楯(ドイツ語でロートシルト)を掲げていた事から一家はロートシルトの屋号で呼ばれていた。

これが英語読みのロスチャイルドの語源である。

マイヤーは子供の頃から賢かったようで、父親は特に目をかけて彼をラビにしようとニュールンベルクに近いイェシーバに送ってタルムードを勉強させた。

イェシーバというのはユダヤ教徒の神学校で、律法学者ラビが旧約聖書とその注釈書ともいうべき膨大なタルムードを教えるところである。

しかし12歳のとき、両親は相次いで亡くなり、授業料が払えなくなって、マイヤーはハノーヴァーのユダヤ人の銀行オッペンハイムに徒弟奉公に入った。

このユダヤ神学校と銀行・・ユダヤ人ゆえの取り合わせがロスチィルド家を生み出す事となるのである。

というのはマイヤーは銀行に奉公していたハノーヴァー時代、タルムードで知った古い歴史と語学の知識があったことから、古銭に興味を持つようになってコレクションに夢中になったのだが、この趣味のおかげで後に支配層と知り合いそこに食い込んでいく事が出来たのは前回述べたとおりである。

彼は18歳のときにはすでに古銭マニアが注目するほどのコレクションを持っていたようである。

※余談ですがロスチャイルド家の皆様はいろいろなものを収集するのが好きな方が多くてそのコレクションの規模が笑いが出るほどスゴイのていつか紹介したいと思います。笑

働き者で、明るい将来を約束されていたマイヤーでしたが、20歳になった1764年春、突然、奉公先の銀行をやめてフランクフルトのユダヤ人街に戻ってきた。

いったい何を考えての帰郷だったのか?

それはその後の彼の行動が明らかにしたと言える。

ユダヤ人を罵倒する言葉が飛び交う故郷にあえて戻ったのは、本格的な古銭商になり、いずれは一人前の銀行家としてヨーロッパを相手にするという大きな夢を抱いていたためである。

オッペンハイムはその頃の大銀行であり、マイヤーは支配階層と交流し、宮廷に出入りする経営者らの羽振りのよさを目の当たりにした。

おそらく、それを見習うことだけが、ユダヤ人としての名誉を守りながら、豊かに生きる道だと確信したのではないだろうか・・

いかがでしたでしょうか?

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの青春時代の物語でした。

では、またどこかでお会いしましょう。

(参考文献)ロスチャイルド家 横山三四郎

コメントを残す