ユダヤ人はなぜ迫害されたのか?


「ユダヤ人はなぜ?迫害されたのですか?」

子供に、こう質問されて納得のいく説明ができる大人はどのくらいいるだろうか?

かく云う私も自分で納得のいく答えを持っていない。

今日はユダヤ人の迫害の歴史にフォーカスして解説してみたいと思います。

では、また最後にお会いしましょう。

どの国に於いても少数派は多数派に迫害される歴史を持つのが常である。

しかし、ユダヤ人の迫害の歴史ほど根深く、しつこく、民族が絶滅しかけた歴史を何度も持つような悲惨な民族は他には類をみない。

いろんな方々がこの理由について述べている。

よく耳にするのは「キリストを殺したから」???

確かにユダヤ人キリストをユダヤ人が裁判に掛けて死刑判決を出したのは史実のような気がする。

しかし、死刑を実行したのはローマ人だろうし、ユダヤ人だけが1000年単位でヨーロッパの中で忌み嫌われる存在である理由には厳しいような気がする。

そもそもユダヤ人とはいったい誰なのか?

ユダヤ人って誰のこと?

まずはユダヤ人の歴史から見ていこう。

世界のファシスト達は共産主義者の事をユダヤ人だと言う。

逆に共産主義者達はユダヤ人をロスチャイルドに代表される資本主義の権化のような言い方をする。

ロスチャイルドって一体何者? ← ロスチャイルドについてはこちらをどうぞ

地球上に初めて現れたユダヤ人はアブラハムである。

その息子イサク、その息子ヤコブから出てくる12部族がユダヤ人と言う事だ。

ここで旧約聖書の創世記12章の一説を見てみよう。

こんな事が書いてあります。

あなた(アブラハム)を祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

地のすべてのやからは、あなたによって祝福される

旧約聖書 創世記 12章 ← ココをクリック

イギリスのユダヤ人

西暦1066年、ノルマンディー公ウィリアムがイギリスに侵攻し、ウィリアム1世としてイングランド王となり、ノルマン王朝(1066年~1154年)を始めました。

そして、フランスの有力ユダヤ人がウィリアム1世から招請されてイギリスに渡って来た。

このユダヤ人がイギリスに初めてやって来たユダヤ人だと言われる。

イギリスに住み着いたユダヤ人は商品売買業と金貸し業に従事した。

イギリスで金貸し業に従事したユダヤ人がお金を貸した相手は主に貴族と国王だった。

こうしたユダヤ人の繁栄とその繁栄達成の手段はイギリス人の妬みと反感を買っていった。

西暦1114年、ユダヤ人がイギリス人少年を“儀式殺人”の対象にしたというでっち上げの噂が立ち、暴徒がユダヤ人居住区を襲った事件が発生した。

1189年には、プランタジネット王朝(1154年~1399年)のイングランド王リチャード1世の戴冠式にあたり、突如としてユダヤ人迫害が起き、ユダヤ人の大半の家が焼かれ、多くのユダヤ人が殺され、ユダヤ人の財産はイングランド王のものとされた。

1217年、イギリスのユダヤ人は全員胸に 「黄色いバッジ」 を付けることを義務づけられた。

そして、1255年、2度目のでっち上げ 「少年儀式殺人事件」 が起き、反ユダヤ暴徒の激高を収める為に、当局はユダヤ人100人を処刑した。

1269年、イギリス政府はユダヤ人の土地所有を禁じ、更に、ユダヤ人の遺産相続を禁じ、死んだユダヤ人の財産は王室が没収することとした。

そして、1290年、イングランド王エドワード1世はイギリス国内からユダヤ人全員を追放した。 この時、1万6000人のユダヤ人がイギリスを去り、フランスなどへ散り散りに逃れた。

こうして、イギリスにはユダヤ人が全くいなくなり、イギリスにおけるユダヤ人不在期間は、それから約360年の長きに及ぶことになる。 

ユダヤ人がいないのにユダヤ人を描いたシェイクスピア

ユダヤ人不在期間中のイギリス人にとってユダヤ人とは想像上のものでしかなくなった。

その想像上でユダヤ人を描いた戯曲が『ヴェニスの商人』である。

イギリスが誇る天才劇作家シェイクスピアは16世紀末に数多くの優れた戯曲を書き遺したが、

彼の作品『ヴェニスの商人』に登場する金貸しシャイロックの描き方は、当時のユダヤ人に対する排斥差別意識を表したものとして知られている。

『ヴェニスの商人』は1597年頃に書かれたと言われる。 この作品は 「喜劇」 のカテゴリーに入っているが、驚くほどユダヤ人を差別している表現が多く、反ユダヤ感情を煽る内容になっている。

しかし、当時の芝居ではこういうユダヤ人の扱いは普通だったようだ。

フランスのユダヤ人

イギリスからフランスへ移動したユダヤ人はフランスで活躍します。

やがてフランスは国力が大きくなり強い影響力のある国へとなっていきます。

※この時代の資料はあまり見つからないので簡単に終わらせます。

そして、おそらくユダヤ人達が活躍するのが面白くないのでしょう・・

フランスもまた1394年にユダヤ人を全員国外追放にします。

フランスを追われたユダヤ人はどこへ行ったかと言うとヒスパニア地方に行ったのです。

スペインとポルトガルです。

スペイン・ポルトガルのユダヤ人

フランスを追われイベリア半島までやってきたユダヤ人はここでも活躍します。

これまで後進国の小さな国だったスペイン・ポルトガルがみるみる国力をつけて世界の派遣国になっていきます。

どのくらい力をつけたかと言うと世界に先駆けて地球を1周できるほどの国力です。

※日本に一番最初に来たヨーロッパの国はポルトガルです、種子島に鉄砲を持ってきたのですね(1543年)その6年後にフランシスコ・ザビエル(スペイン)がやって来ます。

日本の戦国時代に地球の裏側日本まで来る技術はすごいですよね。

なぜ、これほどまでに発展したのかと言うとスペイン・ポルトガルはヨーロッパのどの国よりもユダヤ人に学問の自由を与えたのですね。

特に王様が数学好きだったようで天文学が飛躍的に発展して航海術が発展したのです。

南米の言語は全てポルトガル語(ブラジル)とスペイン語である事を考えれば、国力の大きさがうかがえますね。

しかし、1492年スペインでユダヤ人追放令が出ます。

スペインを後にしたユダヤ人達はお隣の国ポルトガルへ入ったのですが、その4年後の1496年、今度はポルトガルでもユダヤ人追放令が出されたのです。

ちなみにユダヤ人を追い出した後のフランスはみるみる衰退していきました。

スペイン・ポルトガルも同じです。

ユダヤ人を優遇していた時には世界の派遣国だったのですが、ユダヤ人を追い出した後はみるみると衰退して行ったのです。

ここで旧約聖書のあの言葉を思い出してみましょう。

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

まさにこの言葉の通りになっています。

イベリア半島を後にしたユダヤ人達は今度はオランダに行きます。

オランダのユダヤ人

戦国時代に日本に来たヨーロッパ人はスペイン・ポルトガルですが、江戸時代はオランダです。

長崎出島の蘭学です。

今考えると何であんな小さな国が世界の最先端だったのか?

ユダヤ人を優遇したからとしか言いようがない。

オランダの黄金時代、ユダヤ人達はアムステルダムを「新エルサレム」と呼ぶなど居心地の良い場所だったのでしょう。

そして西ヨーロッパを100年毎にたらい回しにされたユダヤ人はドイツに辿り着きます。

ドイツのユダヤ人

元々ユダヤ人が多く住んでいたドイツにめぐりめぐってたどり着きました。

ドイツは14世紀から16世紀まで断続的にユダヤ人追放をやっていました。

オーストリアもまたしかり。

そして、最終的にヨーロッパ中のユダヤ人達が集まる場所がポーランドなのです。

ポーランドのユダヤ人

ポーランドという国は11世紀に王国として成立しますが13世紀に当時世界最強だったモンゴル帝国に国内をボロボロにされてしまいます。

結果、ポーランドには王様と農民しかいなくなります。経済を回す人がいないのです。

そこでポーランドの王様は国を短期間で復興させるためにドイツに技術を持った人を移民として送り込んでもらいました。

自分の国で充分やっていけるのにわざわざ先進国ドイツを離れボロボロの後進国ポーランドなんかに行く人はいるのか?

ここで手を上げたのがドイツ系ユダヤ人達でした。

ポーランドの王様はユダヤ人優遇策で今までヨーロッパのどこに行っても土地を持てなかったユダヤ人に対して土地持ってもOKという大盤振る舞いをしました。

更に貴族や教会の土地でも担保に取ることを許可したのです。

ヨーロッパのどの国も与えなかった特権をポーランドはユダヤ人にどんどん与えていきました。

すると、ドイツにいたユダヤ人の多くがポーランドへ移住してしまいました。

そしてユダヤ人達はポーランドで大活躍します。

ポーランドにどんどん街を作ってドイツ建築物を建てていきます。

だからポーランドの街並みはドイツにそっくりです。

ユダヤ人が自由に活躍するとボロボロだった弱小国ポーランドはみるみる国力をつけていきます。

17世紀はポーランドの黄金時代です。

面積も3倍ぐらいに膨れ上がり、ヨーロッパ最大の国となり、ユダヤ人の数もヨーロッパ最多の国となりました。

今まで見てきたパターンと同じです。

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

しかし、ポーランド国内で内紛が発生します。

国王がいなくなり選挙で国王を選んだりゴタゴタしていました。

それをはたで見ていた隣接する二つの国があります。ドイツ(プロシア)とモンゴルから独立していたロシアです。

ロシアはゴタゴタに乗じてポーランドの半分を占領します。

残ったポーランドの半分もドイツとオーストリアが3度に分けて占領してポーランドはこの世から消滅します。

ロシアはポーランドの領土と富が欲しかったのですが、ポーランドに住んでる多くのユダヤ人は要りませんでした。

ドイツもオーストリアも同じ事が言えます。

ユダヤ人を追放したのに、領土を拡大する事によってまたユダヤ人を抱え込むというジレンマに陥りました。

ロシアのユダヤ人

そしてこれから123年間、ロシアのユダヤ人に対する迫害がとんでもないレベルに達します。

当時のロシアにはコサックという野武士集団が街々村々を襲って手を焼いて困っていました。

ロシアは一石二鳥のアイデアを思いつきました。

ドイツから軍隊が攻めてこないように国境線をコサックに守らせたのです。

しかし、ドイツとの国境線は旧ポーランドでユダヤ人達が押し込められてました。

コサックとユダヤ人を同じ場所に居させて、自分たちが管理できないコサックの管理をユダヤ人に任せました。

※この時期ロシアは徴兵制をしていました。一般のロシア人の徴兵は18歳からでしたが、ユダヤ人の徴兵は12歳から(後に8歳から)でした。8歳から18歳までh10年間、兵役学校に入れてユダヤ教を捨るように洗脳しようとしたのです。しかし。ほとんどのユダヤ人達はユダヤ教を捨てませんでした。

この123年間のロシアに制圧されている時代にユダヤ人を管理する法律が約600本作られています。

ポーランドで平和に暮らしていたユダヤ人達がロシア、ドイツ、オーストリアのポーランド占領により途端の苦しみに落とされますが、これも突然終わります。

1914年第一次世界大戦勃発。

三国同盟VS三国協商。

1918年第一次世界大戦終了。

プロシアとオーストリアは負けたので占領していたポーランドの西半分を返します。

では勝ったロシアが占領していた東半分はどうなったのか?

こちらも返します。なぜ?

戦争中にロシア革命が起こるのです。

帝国ロシアが滅びてボルシェビキ革命です。

1日でポーランドは元に戻ってしまいます。

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

ロシア帝国、プロシア帝国、オーストリア帝国、ユダヤ人を呪った3国は消えて無くなってしまいました。

そして、ベルサイユ条約でドイツは領土を縮小され天文学的な賠償金を言い渡されます。(※払い終えたのは2010年)

その後、ドイツはフランスのルール地方進駐が引き金となりハイパーインフレになります。

これまた天文学的なハイパーインフレでお金の価値はなくなりました。

そして1929年世界第恐慌が襲います。

まさに泣きっ面にハチ。笑

そしてドイツ人が途方に暮れていた時にヒトラーが登場します。

「先の戦争は我々が負けたのは我々が弱いからではないユダヤの陰謀である。」

こんな公約言うてて誰が投票するの?って思いますけど、33%を獲得してしまいます。

与党が内輪もめしているスキにナチスが政権を取ってしまいます。

ここから先は映画や文学などで数多く紹介されているのでここでは詳しく述べません。

なぜユダヤ人は迫害されたのか?

世界のどこに追いやられてもその国を世界の派遣国に押し上げてしまうポテンシャルの高さ。(※制約された中でこれですから・・)

おそらく世界の指導者達はこの民族は放っておくと世界を牛耳ってしまうと思ったのだと思いますね。

実際、それだけの能力がユダヤ人にはあると思います。

いかがでしたでしょうか?

明確な答えは出せませんでしたが、何らかのヒントにはなったかもしれません。

最後にあの言葉で締めたいと思います。

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。

では、またどこかで・・

コメントを残す